ひたすら彼氏のゲームプレイを見せつけられるという最悪につまらないデートの思い出

※21歳女性からの投稿。

今までで一番つまらなかったデートをつい先日体験してしまいました。それは、彼のゲームの様子をずっと見せられるといったデートです。延々5時間程ずっと、彼がゲームをしているのを、隣に座って見せ続けられるのです。確かに、ゲームに多少興味はありますが、それでも自分でゲームをしているのではなく、他の人がゲームしているところを長時間見せ続けられるのはかなりの苦痛でした。

付き合う前から彼がゲーム好きだというのは知っていました。据え置き型のゲーム機も何種類か持っているのも知っていましたし、仕事から帰ってからも必ずゲームしているとは聞いていました。しかしさすがに、これまではデートの時までゲームすることはなかったのです。
しかし先日は、ちょうどデート日と重なって、新しいゲームが発売された日でもありました。彼にとってはずっと楽しみにしていたゲームだったようで、「ちょっとだけオープニングを見ていい?」と言ってきたのです。まあ、オープニングだけならすぐ終わるかと思い「いいよ」と言ってしまったのが失敗でした。オープニングを見た途端、すっかりゲームの世界に入り込んでしまい、「あと少し、あそこまでいったら終わる」と言いつつも、なかなかキリをつけることなく、5時間ゲームを見せられるといった事態になってしまいました。

その間、彼はずっとゲームについての話をしていましたが、私にとっては全く興味のない話でしたし、ゲームのシーンを見せられても全く楽しい気持ちになれませんでした。ほとんど、私のことを放置した状態で、ゲームにのめり込んでいました。
私にとっては、本当にその5時間は全く楽しめず、苦痛な時間として過ぎていきました。ゲーム三昧の時間を過ごせた彼の満足そうな表情を見た時、もしかしたら、今後毎回デートがこのパターンになるかもしれない思い別れる決心をしました。

男性陣の皆さん、趣味に没頭するのはいいですが、デートの時ぐらい相手の女性のことを気遣う気持ちを持つことが大切です。決して女性を1人ぼっちにさせてはいけません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*