モテない男でもモテ期は訪れる?

※男性読者からの投稿。

モテ期はあるのか?と聞かれたら、個人的には「ある!」と答えます。
私としては過去に3回モテ期があったと実感しています。

1回目は高校生の時。この時は2人の女の子から告白されました。「たった2人?」と思われるかもしれませんが、それまでモテた事の無かった私的には大事件だったのです。

2回目は大学時代。この時は4人の女性とお付き合いしました。最初に年上の先輩と付き合って、それからすぐに同じサークルの子といい感じになって・・・と、まさに彼女がいなかった時期がないくらいの充実っぷりでした。

3回目は就職して3年目くらいの頃。後輩の女性と仲良くなっていい感じになったのですが、その他にも3人の後輩から食事に誘われたり一緒に出かけたりとかなりのリア充っぷりを発揮していたと思います。

そんな経験があるので、「モテ期はある!」と断言してしまうのです。

さて、ただ「モテ期はある!」と言っているだけではつまらないので、何がモテ期につながったのか自分なりに考えてみたいと思います。

私の場合、特に女性にモテた時期は「別に彼女なんていらないかな?」と思っていた頃に集中していたと思います。女性に対して下心が無かったのが良かったのでしょうか?付き合った相手以外でも女性の友達がかなり多かったと思います。

ちなみに中学時代までは女性の友達は全然いませんでした。超絶モテませんでした。
それが「別にいいか?」と開き直ってからの方が女性が寄ってくるというか、こちらも変な下心が無いので自然に女性と接する事ができたというか、そんな感じで結果的にモテ期のような状態になったのかもしれません。

あとは「自分の中に筋を通している所があった」点でしょうか?
なんというか「曲った事は嫌い」というか「馬鹿正直」というか、そういう自分を貫いていた時期でもあったと思います。学生時代も社会人になっても、なんとなく自分の中で一本筋を通していないと気が済まない時期というのがありまして、それがもしかしたら女性には魅力的に見えたのかもしれませんね。

そんな訳で「モテ期はある!」と私は思います。
いつか皆さんにもモテ期が来ますように。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*