大学、職場の女性に好感を持たれる方法!気軽に声をかける、仕事や役割を一生懸命こなす、悪口を言わない、身なりを整える

大学、職場の女性に好感を持たれる方法について、まとめました。

1.気軽に声をかける

仕事上の会話や、必要最低限の会話だけするのではなく、気軽に声をかけるようにしましょう。

とくに、女性が困っている時に(重い荷物を運んだりしているときなど)進んで手伝いましょう。

女子同士で助け合っていても、そこに入って行って大丈夫です。

その他には相手の持ち物を褒めることもいいでしょう。

服装や髪型などは褒めにくかったり、間違えるとセクハラ?!になってしまうこともあるかもしれませんが、持ち物なら気軽に褒められます。

その筆箱かわいいね、とか、そのボールペン素敵ですね、とか。

若い女性であれば「かわいいでしょ〜!!」と言いたいはずなので、是非褒めてあげましょう。

2.仕事や役割を一生懸命こなす

結局、人の行動って見られています。

仕事を一生懸命している人、サークルや部活に打ち込んでいる人、無理難題を押し付けられた時に、それでも一生懸命取り掛かっているかどうか。

なかなか難しいことですが、毎日一生懸命物事に取り組んでいる人は、周りからの交換も高いはずです。

3.人の悪口を言わない

これも2つ目と通ずるところがありますが、人に対する態度も見られています。

相手がその場にいないのにいう陰口は最悪です。

性格が悪いな〜と思われます。

同じコミュニティの中では、絶対に悪口を言わないようにしましょう。

(たとえば、仕事外で仲のいい人に愚痴る分にはいいと思います。)

4.身なりを整える

雰囲気イケメンという言葉があります。

顔は平均前後だけど、なんとなく雰囲気が格好いいという人のことです。

髪形や眉毛を整えて、おしゃれな服装にするだけでも雰囲気イケメンになれます。

雰囲気イケメンは作れる!んです。笑

そして、雰囲気イケメンはモテます。

なぜなら近寄り難くないからです。

人は中身が大事ですが、周りから好感を持たれるためには見た目もとっても大事です。

人に好かれるとコミュニティ内で生きやすくなる

4点あげましたが、どれも女性だけでなく男性や上司に対しても好感を得られることだと思います。

人に好かれると、生きやすくなります。

生きるのが楽になります。

是非上の法則を守ってみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*