女性からの相談に本気でアドバイスしてはいけない、ただ聞いてオウム返ししてあげれば良い

はじめに

男性と女性では、ものの考え方が全く違います。
日本では何かあるとすぐに、「男女に差は無い!」と言い張るうるさい人がでてきますが、そんなわけはありません。男性と女性は全く違う生き物なのです。違う生き物なので、分かり合うまでにものすごく時間がかかるのです。

とは言え、思春期を越えた男性ならば誰だって素敵な女性と出会いたいし、恋愛したいものです。女性を口説く方法については「頑張れ」としか言えない私ですが、「女性はこういう生き物だよ」ということをこの記事でお伝えできたらな、と思います。

ちなみに私は男性です。

男性は、絶対に女性にアドバイスしてはいけない

よくある男性の間違いが「相談に対してアドバイスしてしまう」ことです。

女性というのは本当に不思議な生き物で、何か相談してくる際には既に「自分の中で答えを決めて」います。だから相談された男性が何をアドバイスしても、それは「時間の無駄」なのです。厄介なことに女性の一部は、どんなアドバイスであれそれに対して怒ってきたりします。

実体験もふまえて、世の男性たちに言いたいのです。絶対に、男性は女性にアドバイスしてはいけません。

男性は女性にオウム返ししても意外と怒られない

私の妹なんぞは私が妹の言ったことをオウム返しすると「それ私が言ったまんまやんか」とぶち切れてくるのですが、他の女性と接しているとどうも私の妹はかなり特殊な部類のようです。

基本的に、女性は「自分の話を聞いてほしい」生き物です。そのため男性が「オウム返し」をすると、つまりは「女性が言ったことをそのまま復唱すると」たいてい満足してくれます。一部の女性こそ「ちゃんと聞いてる?」と疑問をぶつけてきますが、その時に男性は「聞いてたよ。○○だろ?」とオウム返しを続ければOKです。「ちゃんと聞いてた」と証明できますからね。

オウム返しでぶち切れてくる私の妹は特殊です。兄はお前と喋ると疲れるのです、妹よ。

まとめ

以上をまとめますと、男性はとことん「女性の聞き手」であるべきです。自分を主張したい場面があっても、女性が相手であれば抑えましょう。我慢です。忍耐が求められるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*