女性と上手く付き合うためのコツ!女性がノーと拒絶反応を示し生理的に無理な男性のタイプ・特徴行動とは?

女性と上手く付き合うためのコツを考える前に、女性が「ノー」と言いたくなる男性のタイプを考えてみます。

理屈で言うと「女性に対する気配りがない男性」。

こんな人は、いくら頑張っても女性をゲットすることができません。

例えばレストランで食事を注文する場合。

スタッフからメニューを尋ねられると自分の食べたい物を注文して、後はおかまいなし。

これじゃ女性は、そのまま帰ってしまいます。

自分の食べたい物を口にする前に相手に向かって「何にしますか?」と聞くのが常識。

女性の希望を聞いた後、自分の食べたい物を決めます。

その後にスタッフを呼んで、女性の注文と自分の注文をするのが最低限の気遣い。

相手に対する気持ちがあれば、自然とできるはずの事ですが・・・。

また、会話の内容も自分中心にならないようにすることが肝心です。

「ドヤ顔で語る自慢話」を喜ぶ女性はいません。

それどころか「劣等感まる出し」がバレてしまい、女性の心は遠く離れてゆきます。

「親の自慢や学歴の話」などを利用して、「自分の立派さ」を表現しようとしてもムリです。

女性が男性に求めているのは「自分の気持ちを大切にしてくれる思いやり」。

自分を大きく見せようとする事は禁物です。

女性が興味を持っている事を見守る心の広さ、器の大きさを感じさせるには「聞き役」に徹してみましょう。

男性が自分の好みに共感してくれたと感じると、女性は相手に対して心を開いてくれます。

気持ちが寄り添えば、多少のミスは問題になりません。

モテないというコンプレックスが強いと、押せ押せムードになってしまい失敗してしまいます。

一歩ひいて落ち着きの有る、懐の深さを見せてください。

また、清潔感が大切なのは言うまでもありません。

身に着けている物が汗臭かったり、髪の毛がベトついていたりするのは問題外。

また、タバコを吸わない人にとって、喫煙者の衣服のニオイは意外と気になるものです。

「そんな細かい事までいちいち・・・・。」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし基本は大切。

ムリのない自然な形で女性にアプローチすれば、きっと上手くはずです。

自信を持てば、きっと成功します!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*