2015年 8月 の投稿一覧

サシ飲みからホテルに誘うとセフレにしやすい

出会いの場所としてあげられるところで、お酒を扱う場所があります。
その場所での出会いも多く見られています。
そしてその出会いから付き合う人も多くいるのです。

お酒を飲んだ状態だとセックスしやすいのも事実。
それからセフレになることも多いですね。

・楽しい気分で出会うことができる
その出会いの場所は、お酒を飲んでいる楽しい所となっています。
そのため、その場所では楽しい気分となっていることが多いです。
そんな時に出会う人とも、楽しく会話をすることができます。
自分のテンションが下がっている時に、そのような気分になることはないのです。
そのため、楽しい気分の時に出会う場所は、とても大切にしたいものです。

・声をかけやすい
自分がお酒を飲んでいたりすることで、気分が高揚しているのです。
そのため、ある程度こんなことをしてはいけないという、女性から男性に声を掛けることはいけないことという気分を少なくすることができます。
そのため、女性の場合は自分の好みのタイプの人が居酒屋などにいたら、自分から声を掛けることもあります。
また男性の場合も同じことが言えるのです。
気分が良くなっているし、理性もすこしやんわりとなっているので、そのように行動しやすくなります。

・お酒の中で場を和ませることができる
普通のレストランなどの場合は、声をかけたとしても、何この人と思う人もいるかもしれないのです。
その点、お酒のある場所では、そのような気持ちもある程度、少なくなっているので、もしも声をかけて失敗に終わっても、そんなに落ち込むことはありません。
また、お酒を飲んでいるので、通常の状況よりも気分がおおらかになっている分、その場が盛り上がるのです。
そのような気分になっているときには、人を好きになったり、付き合いたいという気分になることが多いと言えます。

お酒のある場所では、人はおおらかな気分になっています。
そのため、出会いの場所としても、よく利用されることが多いです。
気分良くなっている時は、人を好きになる確率も多く、そのことを思うと、積極的に利用したいものです。

日本の女性はとくに安らぎをパートナーに求めているようなイメージ

※32歳男性読者からのご意見。

 まず女性を口説きたいと思ったら下手にでることが鉄則です。自分のことを自慢したり、相手に命令するような言い方をしてしまうと女性にすぐに壁を作られてしまうので相手と仲良くなることは不可能になります。

 大切なことは相手の話をよく聞いてあげることです。自分には興味のない話題でもあれこれ聞いているうちに女性の方から次第に心を開いてきてくれるのでそうなればあとは自然にことが運んでいきます。

 もちろん、はじめの時点で相手との距離がありすぎたり、会話にならないような相手の場合は素直にあきらめるのが賢明です。全く相手にされない女性を口説くにはそれなりに覚悟が必要ですが、相手も人間なのでアタックしていればそのうちに落とせる確立もなくはありませんが、あまりそれがしつこくなったり、また逆に苦労しすぎるとかえってその後すぐに別れてしまう原因にもなりますので注意が必要です。

 友達になれそうだなぁと思ったら、素直にこちらから歩み寄るのが賢明です。それで誰とでも仲良くなれるとは限りませんが、大抵気の合う女性でしたら、相手も同じことを考えているのでそこで無理なら何か特別な理由があるとでも考えておいたほうがいいかもしれません。
 そして相手がこちらに気があると察知したら、あとはプッシュをかけるだけです。何回も何回もこちらからモーションをかけていくうちに自然とお互いのなりたいようになっていくので、あとは流れに身を任せていればオッケーです。

 とはいえ、自身においても人生のなかでそんな風にことが運んだのは生まれて1度きりで、しかも相手はラテン系のハーフの女性でしたので少し奥手のやまとなでしことは違い、情熱的な魅力がありました。

 私はあまり恋愛経験が豊富ではありませんが、日本の女性はとくに安らぎをパートナーに求めているようなイメージがありますので行動するときは行動し、安らぐときは相手を癒すことのできるようなメリハリを持った付き合いかたをすると長く続く秘訣になるのかもしれませんね。
 3ヵ月以上女性と関係が持ったことのある私がこんなことを言っても説得力がありませんが。

モテない男でもモテ期は訪れる?

※男性読者からの投稿。

モテ期はあるのか?と聞かれたら、個人的には「ある!」と答えます。
私としては過去に3回モテ期があったと実感しています。

1回目は高校生の時。この時は2人の女の子から告白されました。「たった2人?」と思われるかもしれませんが、それまでモテた事の無かった私的には大事件だったのです。

2回目は大学時代。この時は4人の女性とお付き合いしました。最初に年上の先輩と付き合って、それからすぐに同じサークルの子といい感じになって・・・と、まさに彼女がいなかった時期がないくらいの充実っぷりでした。

3回目は就職して3年目くらいの頃。後輩の女性と仲良くなっていい感じになったのですが、その他にも3人の後輩から食事に誘われたり一緒に出かけたりとかなりのリア充っぷりを発揮していたと思います。

そんな経験があるので、「モテ期はある!」と断言してしまうのです。

さて、ただ「モテ期はある!」と言っているだけではつまらないので、何がモテ期につながったのか自分なりに考えてみたいと思います。

私の場合、特に女性にモテた時期は「別に彼女なんていらないかな?」と思っていた頃に集中していたと思います。女性に対して下心が無かったのが良かったのでしょうか?付き合った相手以外でも女性の友達がかなり多かったと思います。

ちなみに中学時代までは女性の友達は全然いませんでした。超絶モテませんでした。
それが「別にいいか?」と開き直ってからの方が女性が寄ってくるというか、こちらも変な下心が無いので自然に女性と接する事ができたというか、そんな感じで結果的にモテ期のような状態になったのかもしれません。

あとは「自分の中に筋を通している所があった」点でしょうか?
なんというか「曲った事は嫌い」というか「馬鹿正直」というか、そういう自分を貫いていた時期でもあったと思います。学生時代も社会人になっても、なんとなく自分の中で一本筋を通していないと気が済まない時期というのがありまして、それがもしかしたら女性には魅力的に見えたのかもしれませんね。

そんな訳で「モテ期はある!」と私は思います。
いつか皆さんにもモテ期が来ますように。

話をよく聞いてくれる、動作が優しい、笑顔が素敵な男性を好きになりやすい

※女性読者のご意見。

好きになった男性に関して、その人を好きになる瞬間があります。
その瞬間について、私の場合はどうだったのかお話します。

・話をよく聞いてくれるひと
私が好きになった人の一人に、私の話をよく聞いてくれるという人がいました。
その人は同じ職場の人で、私の仕事に関する愚痴などについて、笑って聞いてくれる人だったのです。
愚痴をいう私としても愚痴なので、聞いてもらうだけで良かったと後から思えば感じています。
そのため、その男性に聞いてもらうことができたことは、本当に私の心の中をスッキリとさせることが出来たのです。
その後、ふとした時に、そのん人が別の部署に移動になったことがありました。
その時、とても切ない気持ちになったのです。
そうです。その時に、その人のことを好きになっていると感じた瞬間でした。

・動作が優しい人
その人は、大学の時に、同じサークルの仲間として知り合った人でした。
運動関係だったので、かなりみんながが、さつな人が多かったのです。
そんな中、その人だけは、動作が優しいと思える感じでした。
動作が優しいというのは、変なのですが、がさつではないということです。
とても丁寧に、色々なことに対して処理をすることができるのです。
そんな彼を見ていると、そのサークルの中で、一人だけとても大人であるような感じで見ることができました。
その後は、その人がほかの人と付き合っていることを知って、とても悲しい気持ちになった時、好きになっていたんだなと思ったのです。

・笑顔が素敵な人
その人は、職場で一緒の人でした。
いつも笑顔で仕事をしていたので、辛いことはないのかな、仕事が楽しいのかなと思っていたのです。
後輩だったので、先輩として見ていたところもあります。
そんな時、笑顔でいることについて、その後輩に聞いたことがありました。
すると、自分を奮い立たせるために、そのように笑顔にしていると聞いた時、ドッキリしました。
なんだかしっかりと考えて、行動していると思ったからです。

ひたすら彼氏のゲームプレイを見せつけられるという最悪につまらないデートの思い出

※21歳女性からの投稿。

今までで一番つまらなかったデートをつい先日体験してしまいました。それは、彼のゲームの様子をずっと見せられるといったデートです。延々5時間程ずっと、彼がゲームをしているのを、隣に座って見せ続けられるのです。確かに、ゲームに多少興味はありますが、それでも自分でゲームをしているのではなく、他の人がゲームしているところを長時間見せ続けられるのはかなりの苦痛でした。

付き合う前から彼がゲーム好きだというのは知っていました。据え置き型のゲーム機も何種類か持っているのも知っていましたし、仕事から帰ってからも必ずゲームしているとは聞いていました。しかしさすがに、これまではデートの時までゲームすることはなかったのです。
しかし先日は、ちょうどデート日と重なって、新しいゲームが発売された日でもありました。彼にとってはずっと楽しみにしていたゲームだったようで、「ちょっとだけオープニングを見ていい?」と言ってきたのです。まあ、オープニングだけならすぐ終わるかと思い「いいよ」と言ってしまったのが失敗でした。オープニングを見た途端、すっかりゲームの世界に入り込んでしまい、「あと少し、あそこまでいったら終わる」と言いつつも、なかなかキリをつけることなく、5時間ゲームを見せられるといった事態になってしまいました。

その間、彼はずっとゲームについての話をしていましたが、私にとっては全く興味のない話でしたし、ゲームのシーンを見せられても全く楽しい気持ちになれませんでした。ほとんど、私のことを放置した状態で、ゲームにのめり込んでいました。
私にとっては、本当にその5時間は全く楽しめず、苦痛な時間として過ぎていきました。ゲーム三昧の時間を過ごせた彼の満足そうな表情を見た時、もしかしたら、今後毎回デートがこのパターンになるかもしれない思い別れる決心をしました。

男性陣の皆さん、趣味に没頭するのはいいですが、デートの時ぐらい相手の女性のことを気遣う気持ちを持つことが大切です。決して女性を1人ぼっちにさせてはいけません。

満員電車でぶつかった女性とつきあうことに

32歳男性からの投稿。

私はサラリーマンをしています。

会社から車での通勤を許可されているので、毎日車で通勤をしていました。
たまたまその日は飲み会があるので、久しぶりに電車に乗りました。
いつも車なので、この電車の混み合いは本当に大変だなと思って電車に乗ると、後ろからドンと何かに押されたので、振り返ると、女性が足をひっかけて、私に倒れ掛かってきていました。

彼女は「ごめんなさい」と言って謝ってきたので、「大丈夫ですよ」と言い返しました。
それから、電車に乗っていると、先程ぶつかってきた女性が気になって、目で追っている自分がいました。
その日はそのまま会社に行って、次の日からはまた車通勤に戻りました。
何日かして、会社帰りに何だか車両の調子が悪くなったので、また次の日に電車に乗りました。
電車を待っている時に、ふと以前の彼女の顔が浮かんできました。
もしかしたらと思っていると、私の後ろの方に彼女が並んでいるのがわかりました。
彼女と目があったので、お互い頭を下げて挨拶をしました。

電車に乗って、せっかくだからと思って、彼女の近くに言ってこの前はと話しかけてみました。
彼女もどうもと返事をしてくれました。
私はいつもこの電車なんですかと聞くと、はいと返答がありました。

私は彼女には車通勤とは言わずにいました。
次の日も私は電車で通勤しました。
また、彼女に会ったので挨拶をしました。

電車は混み合うので、確かに嫌だったのですが、彼女に会えることが凄く楽しみになっていったので、車がなおっても、電車通勤を続けました。
そして彼女と普通に喋ることが出来るようになったので、彼女に休みを聞くと、私の休みと合ったので、ご飯でもと誘ってみました。
すると彼女は凄い笑顔で行きたいと言ってくれました。

休日に私は彼女を車で迎えに行きました。
そして、実は車通勤だったのを電車通勤にかえたことを彼女に伝えました。
そこで合せて彼女に告白しました。
彼女は嬉しいと言って付き合うことになりました。

女性だから酒を飲み過ぎるなとか注意する男はモテない

28歳女性からの投稿。

私は結構お酒が強い方です。酔っ払うまで飲むこともありませんが、男性と一緒に飲んでも大丈夫なくらいです。

この前、いい感じになった男性と食事に行くことになりました。私はお酒が好きなので食事の時には必ずお酒を飲みます。私はお酒ならどんなものでも飲むのですが、その日はイタリアンだったためワインを注文して飲みました。男性はなぜか私に張り合うようにワインを飲み始めました。私は普通に食事と一緒にお酒を楽しんでいました。男性はワインを2杯飲んだくらいで顔が真っ赤になり始めました。

その時、私は「この人、お酒があんまり強くないんだな。」と思ったのですが何も言いませんでした。私は自分のペースで飲み続けていましたが、私が一杯飲むと男性もワインを飲み干すみたいな感じになっていました。男性は私に「お酒が強いんですね。」と言いました。私は「ボトル一本くらいなら大丈夫ですよ。」と答えると男性はギョッとした顔をしました。それからワインを飲むことをやめたので、残りのワインは全て私が飲みました。その日は食事をしてそのまま帰りました。それもいつもなら男性が近くの駅まで送ってくれるのですが、その日はお店を出てすぐに解散になってしまいました。少しあれっと思いましたが、まあ酔っているのかな。と思いそのまま一人で帰りました。

それまで男性から毎日メールが来ていたのですが、食事の日から一回も来ませんでした。風邪でも引いているのかな?と心配になり私の方から連絡をすると男性からメールでもう会わないと言われてしまいました。

あまりにも突然で理由がわからなかったので、理由を聞くと「自分よりもお酒が強い女は嫌だ。」と言われてしまいました。確かに私はお酒が強いですがそれは体質ですし、人それぞれだと思います。それも私はお酒を飲まない男性でも私は気になりません。男性のプライドが傷ついたのか、固定観念でそう思ったのかは分かりませんが少しは「女性だから」という考えは無くしてほしいと思います。

大体、女が酔えば男としてはラッキーなんじゃないの?セックスに持ち込みやすいとか思うもんなんじゃないの??

女性は警戒心が強いので安心感がないと男性にはついていきません

34歳女性からのご意見。

最近の男性は告白が下手になったと思います。

女性は警戒心が強いので安心感がないと男性にはついていきません。しかし何か共通点があれば、気楽なデートもできます。まずは趣味や楽しいことで女性との共通点をみつけましょう。それがないとデートに誘っても面白くないのです。テレビを見たり、インターネットで女性が関心がある映画やアイドルをさっと目を通すだけでもいいですよ。詳しいことがわからなくても、とにかく聞き上手になることなんです。

新しいことを教えてもらってよかったという態度を見せましょう。そして女性は20代でも、30代でも結婚はかなり意識しています。結婚が無理な恋愛はどうしても避けたいのです。相手の男性が結婚相手としてどうかというのを頭ですぐ考えます。なのでまずは仕事をしっかりすることも大切です。年収ですぐに判断されることはないのですが、女性は安定志向です。これは子供をしっかりと育てたい、その間は仕事は休むかもしれないとか一生仕事が続けられるかどうかわからないと思うからです。どんな仕事でもいいのでまじめにこつこつとやっていれば好感が持たれます。

最初のデートは、見た目が大事です。清潔感がなければいくら感じがよくて優しい人でもアウトですよ。おしゃれをしなくていいから、清潔感がある服装をして、髪もさっぱりさせましょう。服はショップの人に聞くといいですよ。できるだけシンプルな服装を心がけましょう。スーツじゃなくてもカジュアルのものでもオーケーです。そして最初のデートは奢りましょう。なにも女性はずっと奢ってほしいとか、男性が出すのが当たり前とは思っていません。しかし最初は気持ちよく奢ってもらいたいのです。そのうち必ず女性から次はと申し出ます。

なにかお返しという形であるかもしれません。高級な店にいく必要はないですが、ファミレスや、牛丼チェーンはやめましょうね。そのへんはリサーチしておきましょう。できれば趣味の会やサークル、友人の紹介などが女性はデートに行きやすいです。

料理系ブログの女性は徹底的に褒めて口説くのがコツ

33歳男性の投稿。

ブログ・SNS系の口説きって、結構初めは情報が少ないのです。
特にブログ系の女性は自分の情報を制限して書く人が多いので、その中から少ない情報を膨らまして褒めたりするのです。
例えば少し出した脚や髪、そして手の写真等は絶対にコメントで触れておくと相手に印象が残ります。
例え綺麗でなくても良いのですが、何かの折に「手が綺麗でしたね」と一言添えておくだけで男女を意識した言葉になります。

また、料理系のブログは絶賛だけしておきましょう。
とにかく褒め続けて相手の反応が良くなってきたら「作って欲しい」とは言わずに、自分の貧しい食事をブログでアップしたりすると心配されます。
仕事での忙しさや栄養が摂取できてないような記事でも良いのです。
そういうものを見せるだけでも、相手から心配のメッセージやコメントなどで「今度作ってあげたい」と意思が確認できるだけでも大きな前進です。

ブログ系の女性は、自分を表現したい自己顕示欲はあるのです。
ただ、何処まで公開して良いのかプライバシーとの間に揺れています。
プライバシーを公開させるように持って行くのではなく、プライバシーは自分自身にしか公開させない秘密性を利用すると親近感が上がります。
ブログサイトの中にあるメッセージなので、一つの記事を褒めたりするのではなく「貴女の世界観が好きです」と言うと、大抵は思ったよりも親密になれるのです。
閉鎖的な環境から、個人と個人になれる環境を演出するのも女性を口説く時には大事になります。

相手が困っている時は相談者になったり、相手が楽しそうでノっている時には褒めちぎったりとやる事は沢山あります。
特に相手が寂しい時は、その寂しさが消えるまで一緒にネットで過ごすのも効果が絶大です。

ブログから個人のメールに切り替え、挨拶程度の文からプライベートを少しずつ披露して行くと生活感も見えて親近感が増すのです。
私はこれで、大抵の女性とプライベートのお付き合いに発展しています。
特に自分を見せたい女性には効果があるので、深い関係になります。

SNS,mixi、ニコ生、facebookでの出会いのコツ

30歳男性からの投稿。

最近は結婚したこともあり落ち着いていますが、昔は様々なメディアを使って色々な女性と出会っていました。

最近はしていませんのでちょっと古い物ばかりかと思いますが、昔話だと思って聞いていただければと思います。
最初はこえ部という声を投稿したりボイスチャットが出来るサイトで出会っていました。
最近は若すぎる人が多くてダメみたいですし、殺人事件が起きてしまったので警戒心も強いですが、昔は出会ったその日に明日会おうでも行けるくらい緩い場所でした。

その後、私がよく使っていたのはmixiです。
今でこそFacebookやTwitterなどに置いて行かれてしまい、過疎化が進んでいますが、当時は全盛期でコミュニティーも多くあり、趣味の合う人であれば割と簡単に友人登録に応じてくれる女性も多く登録後は日記などである程度絡み、その後スカイプなどを交換して、仲良くなって出会う。という流れが一番多かったですね。最後の方は、スカイプで話そう的なコミュニティーで近くに住んでいる人で話の合いそうな人に声をかけて、話して気が合えば会うという感じが多くなっていました。

後は頻繁に開催されているオフ会と呼ばれるものに参加して、そこから仲良くなるなんていうパターンもありましたね。
とにかく、上手く使えば出会いに困ることはなかったです。
mixiが下火になってからはニコ生で近くに住んでいる生主さんの放送を聞きに行き、そこで仲良くなって会うというパターンが多かったですね。

結婚相手もこのパターンで見つけましたし、ちょっとニコ生自体下火にはなっていますが、今でも十分出会えるとその頃の仲間がいっていました。
こえ部は特別ですが、mixiやニコ生でのコツは、絶対に最初からそういう目的であると悟られないように根気強くまずは仲良くなることです。焦れば焦るほど逃げていきますから…。

出会い目的だと思われるとそもそもスカイプIDを教えてもらってもそこから中々仲良くなることが出来ません。ネットでの会話を楽しんでからちょっとずつ話を持って行ってできれば相手に会いたいと言わせるくらいがベストです。
試してないのでわかりませんが、Facebookなどでも多分応用できると思いますよ。