未分類

彼氏には私(彼女)だけを見てほしい!友人よりも私を優先してほしい!八方美人な彼氏にうんざり

八方美人の彼氏にうんざり

八方美人の彼氏にはうんざりしています。

誰にでも良い顔をする人っていますが、これが彼氏だったらダメだと思います。

私はそんな男性だけは好きにならないでおこうと思っていたのに、好きになった彼氏は八方美人だったのです。

だからとても勘違いされやすいです。

誰にでも気があると思われているのです。

私というものがいても、彼氏は誰にでも良い顔をするので勘違いされてばかりなのです。

だからもううんざりしています。

彼氏は彼女のことだけ見ててほしい

男性だったら、好きになった人しか見てはいけないと思います。

それは言い過ぎかもしれませんが、そんな男性が一途で素敵だなと思うのです。

もしも私が男性だったら、好きになった一人だけを大事にするでしょう。

他の女性には興味はないし、どうでもいいと思うでしょう。

でもそれがでいない彼氏は、本当に嫌だなと思います。

女性にだけではなくて、友人も大事にする人なので私との約束があっても平気で破るのです。

友人よりも彼女を大切にしてほしい

困っている友人がいたらそっちのほうに行ってしまいます。

「あいつが困っているから、ほっておけないから」と言って私は置き去りなのです。

友人を大事にする人は情が厚いと思います。

でもやはりこれもひどくなってくると、嫌になってしまいます。

程々苦いいと思うのです。

優先順位がつけられない彼氏は嫌だ

優先順位がつけれない男性も嫌です。

彼女が一番、友人は二番にしてほしいと思うのが女性の本心でもあるのです。

そうしてくれる男性だったら、きっと彼女をとても大事にしてくれるでしょう。

でも私の彼氏はそうではありません。

友人のほうを大事にするのです。

友人あってこその、自分だと思っているのです。

もちろん男らしいと思う人もいるかもしれません。

でも彼女目線からはそうは思わないのです。

彼氏に「私だけを見て欲しい」と思う気持ちはわがまま?

わがままかもしれませんが、やはり私だけを見てほしいです。

彼氏の一番は私でないと嫌なのです。

こんな女性の気持ちをわかってくれる男性だったら、女性はもっと幸せになれると思います。

だから私は八方美人の彼氏とは別れようと思っています。

世の男性に、そうなってほしくないです。

デート中に女性が嬉しいと感じる基本的な言葉と行動まとめ

男性の皆さんはデートで女性を喜ばせようとレストランやデートスポットを探したり、色々考えてくれてると思います。

でもちょっと待って!その前に当たり前の様な言葉や行動でも女性が嬉しいと感じる事はあるんです。

【ありがとう】

あなたは一回のデートで何回ありがとうを伝えていますか?
とても基本的で当たり前の言葉の様だけど実は言えていない人って結構いるんですよね。

飲み物やチケットなど手渡してくれてありがとう。

ドアを押さえてくれてありがとう。

このちょっとしたありがとうに男性の優しさを感じますし、やはりありがとうと言われると気持ちが良いですよね

【どう?大丈夫?】

何かを決めるのに男性がリードしてくれるのはとても嬉しいけどそれって本当に女性も同意してる?折角の決断もあまりに一方的では淋しくなります。

「ここに行きたいけど、どうかな」
「ここで大丈夫?」
一言聞いてくれたら、私の事気にしてくれてる、考えてくれてるんだと嬉しくなります。

女性はその日の服装や靴で行動しづらくなる事もあります。

その辺も踏まえて確認してみましょう。

【それいいね】

女性を褒めるのって難しいし恥ずかしいですよね。

もちろんかわいいね、綺麗だねと言われたら嬉しいけど言うの勇気いりますよね。

でももっと言いやすい言葉でもOKなんです。

服や小物なんでもいいんです。

「それいいね、似合ってる」

髪を切ったりいつもと違うヘアースタイルなら

「いつもと違う、いいね可愛い」

これなら言いやすいですよね。

こんな言葉で女性は私の事ちゃんと見てくれてるんだと嬉しくなります。

【ちょっとしたエスコート】

エスコートと聞くとジェントルマン。

そんなの恥ずかしくてできないと思うかもしれません。

でもデート中の些細な行動でも充分なんです。

ドアを開けてあげる

間違っても自分だけ先に入ってパッとすぐ手を離さないで。

後ろに女性がいたら取り残された感じで淋しくなります。

エスカレーターやエレベーターに乗る時など女性の腰や背中辺りに手を回し女性を自分の前に誘導する感じで先に行かせる。

これだけで女性は守られてる感じがして嬉しくなります。

そして自分だけスタスタ歩かず歩幅を合わせて欲しいですね。

こんなちょっとした基本的な事でも女性は嬉しく感じます。

是非一度取り入れてみて下さい。

女性の気持ちがわからない男性必見!不可解な女性の言動の理由を説明します!これでもう女性に振り回されない!

女性の気持ちがわからなくて悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。

今回は、男性にとって不可解かもしれない女性の言動について女性の私が説明したいと思います。

距離を縮めたい女性がいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

一回目のデートは楽しそうだったのに、二回目のデートに誘おうとしたら断られてしまった理由原因とは

まず、一回目のデートの最中は楽しそうだったのに、二回目のデートに誘おうとしたら断られてしまったなんて経験がある人もいると思います。

これって、実はあんまり楽しくないと思っていたのかもしれません。

その場で白けた態度をとるのは悪いと思ったので、楽しげなそぶりを見せていただけなのです。

一度つまらないと判断されてしまうとその烙印を消すのはものすごく大変なので、辛いでしょうが見切りをつけて次に行った方がいいでしょう。

メールやLINEがそっけないと女性に言われてしまうのはなぜ?

また、女性にメールやラインがそっけないと言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

多くの場合、男性にとってそれらのツールは単に連絡手段に過ぎませんが、女性は人とコミュニケーションするためのものと考えているので、あまりにそっけない内容だとつまらないと思われてしまいます。

女性にメッセージを送るときは絵文字やスタンプも使って、見た目にも楽しい内容にしましょう。

女性へのサプライズが失敗して不機嫌になられてしまう理由

さらに、良かれと思ってサプライズをしたけれど、逆に女性に不機嫌になられてしまったなんて経験ありませんか。

例えば近所のファミレスに行くと伝えていたけれど、実際には高級レストランに連れて行くといったサプライズは、ほとんどの女性が嫌います。

なぜなら、彼女は高級レストランにふさわしい格好をせずに家を出てきたからです。

こういった細やかな気遣いが欠如しているサプライズは、全ての女性から総スカンを食らってしまうので注意が必要です。

他にも、女性がヒールを履いているのに歩きの多いデートコースを選ぶのもNGです。

女性はTPOに合った服装を選びたいので、もし歩くのが多いデートなら前日に必ずそのことを伝えておくのを忘れないようにしましょう。

さりげないちょっとした気遣いで、あなたのポイントもぐんとアップしますよ。

飲み会の時に男性がしてくれたら嬉しい気遣い3つ

成人した大学生・社会人になると、必ず男女で飲む場があるはずです。

飲み会で女性はこうしてくれると優しい人だなあと好感度があがります。

飲み会での態度は人間性がわかります。

飲み会中でも気遣いができる男性は、普段も優しいだろうと、恋愛対象になることもしばしばあります。

うまく女性に気遣いをして、他の男性と差をつけちゃってください。

1.飲み物を勧めてくれる

これは基本ですね。

飲み物が減っていたら、新しい飲み物を勧めてあげましょう。

このときに、無理にお酒を勧めないのもポイントです。

お酒が苦手な女性は、お酒を勧められると警戒心を持ちますし、飲めないのに困ってしまいます。

あくまでも、次に何飲む?という聞き方で、メニューを渡してあげるとスマートでしょう。

お酒が弱い女性と分かっていれば、ソフトドリンクのページも開いてあげると尚良しでしょう。

2.嫌なことを言われてる時に心配してくれる

酔っ払いの中には、嫌なことを言って来るような人もいます。

雰囲気を壊さないために笑顔でかわしたりしていても、心の中では深く傷ついていることもあります。

一緒に飲んでいる女性が、セクハラやパワハラと取れるようなことを言われていないでしょうか。

辛そうな顔をしていたら、目線を送って大丈夫?と言ってあげるだけでも、その人の好感度は急上昇でしょう。

3.帰りの電車を気にしてくれる

ついつい楽しくなったり、場の雰囲気を壊さないようにしているがためにスマホで時間を見れなかったりして、終電を逃してしまうことがありますね。

男性であれば最悪ネットカフェなどに泊まることもできますが、女性はそういうわけにはいきません。

時間が遅くなってきたら、終電大丈夫?と声をかけてあげましょう。

話が盛り上がってしまって帰るタイミングを失っているかもしれません。

何時に終電があるのか聞いて、少し前に教えてあげられると素晴らしいですね。

飲み会は女性にとって辛いんです

以上3点述べました。

全てを完璧にやる必要はありませんが、できるところからやってみてください。

筆者は女性ですが、とくに2番目に述べた内容に関しては、本当に涙が出そうな思いでした。

未婚者だったらそれだけで好きになってしまいそうでした。

日々ある飲み会を使ってうまく女性の好感度を上げてください。

LINEで口説くときは簡単簡潔に!絵文字の量は少しだけ、どうでもいい近況報告はしない

女性を口説くためには様々なハウツーがありますが、ここではLINEなどのSNSを使った連絡の注意事項をお話しします。

口説き方というよりは、「こういう連絡・返信はやめよう!」というものです。

連絡・返信は簡潔に!

相手にもよりますが、長ったらしい連絡・返信は嫌がられる可能性が高いです。

例えば、「いつ空いてる?」という場合にも、「いつ時間あるの~?」とやたら長ったらしい印象を与える文章はやめましょう。

女性は男性には「頭が良い人であって欲しい」と思っていることが多いです。

簡潔な連絡・返信はその人を知的に見せかけ、「~」や余分な形容詞・副詞などの多用はその点がちょっと残念に見えます。

絵文字は少しだけ使おう!

女子に連絡するのだから!と張り切って絵文字を使いすぎてはいけません。

絵文字が多すぎると「女子か!」と突っ込みを入れたくなります。

絵文字の多用は女の子の特権!と思っている人も多いものです。

まったく絵文字がないものは寂しいですので、絵文字は文末に少しだけ使う程度に留めましょう。

どうでもいい近況報告はしない!

相手が自分に興味を持っているか分からない場合、自分から近況報告をするのはやめましょう。

気のない相手から「今帰宅途中」などと連絡をもらっても迷惑です。

反応に困ります。

相手が好きな人だったり恋人だったりしたら何とも思わない連絡ですが、好きでもない人が今何をしているかということをいちいち報告されてもどうしようもないし、むしろ「気持ち悪っ」と思ってしまう女性も多いでしょう。

早朝や深夜の連絡はしない

好きな人に連絡をするのなら尚更、早朝や深夜は避けましょう。

相手が学業や仕事で忙しかったり、疲れていたりする場合、深夜の連絡はむしろ悪印象を与えてしまいかねません。

そして早朝も同様です。

連絡をするならば、常識的な時間を心掛けましょう。

中にはケータイの連絡に関して時間を気にしない人もいますが、相手に自分のことを好きになってもらいたい!という欲があるならば、悪印象を与えかねない行動は慎むべきです。

女性に対する好印象な接し方!見た目、話し方、気配りが大事

自分が感じた女性に対する接し方ですが、まずは見た目、話し方、気配り、この3つが非常に重要になってくるのではないかとおもいます。

1つ目の見た目に対してですが、具体的にあげると清潔感や髪型などは非常に大事だとおもいます。

例えば、髭剃りをしていない伸びきった状態だったり、ボサボサの髪型では正直恋愛対象から外れてしまう可能性が高いです。

服装も汚れや破れ、デートに不相応な格好も最新の注意を払う必要があります。

次に話し方ですが、まずは女性と同じ目線で、時には男らしく真剣にアドバイスをしたりしてもらったりするのが効果的だと思います。

やはり女性は、言葉遣いを気にしている人も多く見受けられるので、例えば店員さんへの接客応対に対する反応だったりとか、友達と普段何気ない会話をしている仕草だととか男性が意識していないことも女性はしっかり見ていると思います。

あと、同性の友達がすくないのも問題だと思います。

やはり恋愛対象に発展するには女性からみて好きな男性が女の子の友達が多くても困ってしまいますよね。

遊び人だとか、浮気するんじゃないかとか、そういうところで信頼感などは薄らいでいくとおもいます。

ですので、同性の友達が多いに越したことはないですし、僕の経験上そういう人は周りから信頼されたり、プラスのエネルギーが満ち溢れている人が多いように思います。

最後に以外と難しいのが気配りです。

女性は何気ない男性の行動もしっかりとみているので、配慮に欠けた行動をすると熱が冷めてしまうと思います。

例えば、道路で唾を吐いたりとか、商品を棚から取った後戻さないとか、重いものをもってあげないとか、電車の座席のマナーなどです。

男性はカッコつけも多いと思いますので細かなところに気づかなかったりするので注意が必要です。

好きな女性を落とすには、出会った時にあらかじめ好きなものや趣味などを聞いておき携帯にメモします。

このメモを元に今後のデートプランを練っていけば完璧です。

職場の取引先の男とデートしたが、会話のキャッチボールができない自慢ケチ遅刻野郎だった

職場の取引先の男と知り合い、デートをした。

大手企業に勤め、身長が高くそこそこのルックスなのだか、とにかく女の扱い方がなっていない。

まず初めてのデートなのに15分遅刻してきた。

電車が遅れたらしいが、謝罪の一言もなく目的地へとすたすたと歩き出した。

ありえない。

マイナス1点。

美術館へいく予定なのだか、焦っているのかなんだか私の歩く速度なんてお構いなし。

男なら彼女が車道側を歩かないようさりげなく配慮するべきでしょ。

マイナス2点。

美術館は話題の展示だったこともあり大変混雑していた。

美術に造形が深い彼は得意げにうんちくを語り出したが、私はただでさえ履き慣れないパンプスで早歩きさせられたお陰で足が痛く、早くどこかへ座りたかった。

足が痛そうな仕草をしてみるが、一向にこちらの気持ちには気づかず話に夢中。

どう考えたって鈍感すぎるでしょ、マイナス3点。

美術館を出ると近くのカフェで昼食を取ることになった。

事前に下調べしてあったらしく彼は慣れた様子で2000円のコースランチをオーダーしてくれた。

味はそこそこだったが、何しろ会話が弾まない。

彼はとにかく自分の話ばかりしたがる。

会社で大きなプロジェクトを任されるようになりそうだとか大学の友人が都内の一等地に家を建てた話とか要は自慢話をしたいのだ。

私がやや退屈そうにしていると趣味はあるのか、休日は何をしているのかとやっと聞いてきた。

女友達とよく小旅行に出かけることを話すと、旅行はいいですよねと言った後、大学時代にバックパッカーで何ヵ国も歩いた思い出話を得意げに語りだした。

こりゃもうダメだ。

私はあんたの話を一方的に聞かされるためにここにきたわけじゃないのよ。

会話のキャッチボールって言葉知らないのかしら。

マイナス4点。

マイナス5点になったら帰ろうと私は心に決めた。

食事が終わり、会計へと彼が先に席を立つ。

稼いでそうだし、さすがに奢ってもらえるのだろうと彼の後ろでぼんやりと立っていると満面の笑みでこちらへ振り返った。

割り勘でいいですよね、と。

あんたが勝手にセレクトした店に連れて来られた挙げ句、割り勘なんてどういうことよ。

どこまでケチなのよ、小さい男ね。

マイナス5点を通り越しマイナス10点。

店を出るとこれから映画でも見に行かないかと誘われた。

冗談じゃない。

急用が出来たと詫びて彼とはそのまま別れた。

帰り道で今日は楽しかった、また会いたいねとメールが来た。

会いたいならもう少し女心を学ぶべきね。

どんなにスペックの高い男でも女性を思いやる気持ちがなければいい男とは言えないのよ、ほんと。

コンビニバイト店員(女子大生)の口説き方!実際に口説いてみた体験談!

女性を口説く、いくつになっても夢のある男のロマンである。

朝、いつも寄るコンビニに彼女はいた。

大学生くらいだろうか、初めてみる顔だが、凛々しい顔つきにまだあどけなさも残っているなんとも魅力的な女性に見えた。

毎朝コンビニに寄るのが楽しみになった。

最初は眺めているだけで満足だったのだが、思い切って声をかけてみようと思いついた。

しかし、私にはそういった経験はほとんどなく、頼るものといえばネットの情報しかない。

「コンビニ店員 口説き方」で検索すると結構ヒットする。

やはり考えることは皆一緒か。

常連になって顔を覚えてもらう

これはクリアしているだろう。

彼女が出勤し始めてからほぼ毎日通っている。

印象深く覚えてもらう

しかし恐らくなんとなくしか覚えてもらっていないだろう。

どうしようかと思案し、温めてもらった商品を受け取らずに店をでてみようと思いついた。

混んでいない時間帯なので、案の定追いかけて呼び止めてくれた。

数回繰り返すと、「今日は忘れないでくださいね」などと一言二言会話をするようになった。

会話を増やす

話す回数を増やすと、彼女のことが少しずつわかってきた。

田舎から出てきて、近くの大学に通っており、お金を貯めるために夏休みの期間はほぼ毎日シフトに入っているそうだ。

遊びに誘う

いつものように「毎日大変だね」と声をかけると「明日は久しぶりに一日休みなんです」と笑顔。

これはチャンスとばかりに、カラオケに誘ってみる。

彼女がカラオケ好きだというのは知っていたので、容易くOKをもらう。

あせらない

ここでついガツガツいきたくなるものだが、ここはじっくりと攻めたい。

しかし誘いに乗ってくるということは多少なりとも脈はあるんだろう。

はやる気持ちを抑え、この日は次の約束を取り付けることを目標とする。

飲みに誘う

飲みに誘うと下心が丸見えなような気がしたので、ディナーに誘ってみた。

まあ同じことなんだが、やはり印象が大切だ。

帰り際に誘ってみると、少し迷ったような素振りをみせるも一週間後ならOKとの返事。

ここまでくると、もう落ちたも同然。

早くその日が来ないか楽しみだ。

女性からの相談に本気でアドバイスしてはいけない、ただ聞いてオウム返ししてあげれば良い

はじめに

男性と女性では、ものの考え方が全く違います。
日本では何かあるとすぐに、「男女に差は無い!」と言い張るうるさい人がでてきますが、そんなわけはありません。男性と女性は全く違う生き物なのです。違う生き物なので、分かり合うまでにものすごく時間がかかるのです。

とは言え、思春期を越えた男性ならば誰だって素敵な女性と出会いたいし、恋愛したいものです。女性を口説く方法については「頑張れ」としか言えない私ですが、「女性はこういう生き物だよ」ということをこの記事でお伝えできたらな、と思います。

ちなみに私は男性です。

男性は、絶対に女性にアドバイスしてはいけない

よくある男性の間違いが「相談に対してアドバイスしてしまう」ことです。

女性というのは本当に不思議な生き物で、何か相談してくる際には既に「自分の中で答えを決めて」います。だから相談された男性が何をアドバイスしても、それは「時間の無駄」なのです。厄介なことに女性の一部は、どんなアドバイスであれそれに対して怒ってきたりします。

実体験もふまえて、世の男性たちに言いたいのです。絶対に、男性は女性にアドバイスしてはいけません。

男性は女性にオウム返ししても意外と怒られない

私の妹なんぞは私が妹の言ったことをオウム返しすると「それ私が言ったまんまやんか」とぶち切れてくるのですが、他の女性と接しているとどうも私の妹はかなり特殊な部類のようです。

基本的に、女性は「自分の話を聞いてほしい」生き物です。そのため男性が「オウム返し」をすると、つまりは「女性が言ったことをそのまま復唱すると」たいてい満足してくれます。一部の女性こそ「ちゃんと聞いてる?」と疑問をぶつけてきますが、その時に男性は「聞いてたよ。○○だろ?」とオウム返しを続ければOKです。「ちゃんと聞いてた」と証明できますからね。

オウム返しでぶち切れてくる私の妹は特殊です。兄はお前と喋ると疲れるのです、妹よ。

まとめ

以上をまとめますと、男性はとことん「女性の聞き手」であるべきです。自分を主張したい場面があっても、女性が相手であれば抑えましょう。我慢です。忍耐が求められるのです。

普段の女性は男性がいない場所では男性以上に男性、つまり肉食系!普段はおしとやかさを演じてる

女性はとてもおしとやかで、きれいなたたずまいをしていると思われがちです。

しかし、実際はそうではありません。

普段の女性は男性がいない場所では男性以上に男性、つまり肉食系なのです。

女性の多くは自分をある程度かくして生きています。

それは男性が描いている女性へのイメージを女性自身が分かっており、それを演じることに何ら苦はないからです。

そのため、男性はそういった女性の内面を知ることがないため、女性に簡単にだまされてしまうのです。

ただだまされるならまだしも、女性の人生を翻弄される男性もいます。

そのような人生を歩まないよう、女性に対して抱いているイメージを捨てるべきです。

女性は男性よりもたくましくとてもしたたかであると考えておいてください。

そうすればどのように意中の女性と付き合うべきか分かってくるとお思います。

女性がたくましい以上、男性はそれ以上にたくましく演じる必要があるのです。

女性はしたたかであるため、弱い男性に対しては足元をすくうような感じで利用してきます。

一方、自分よりもたくましい男性に対しては猫のように弱い自分を演じるのです。

そのため、男性は足元をすくわれないよう強い自分を女性の前では演じるように心がけてください。

そうすれば、女性も男性に対して気軽に扱うようなことはしなくなるはずです。

もちろん力強く演じつつも、女性に対して優しさを見せてあげるのです。

そうすることで自分は守られていると思うはずです。

そうなれば男性の勝ちです。

女性はしたたかであるが故に、自分を守ってくれる男性を探しています。

そして守ってくれる男性が優しい男性なら女性は飛びついてくるはずです。

その女性の習性うまく活用するのです。

女性も男性をうまく利用としているのだから、利用されている振りをして男性も女性をうまく活用すべきです。

そうすることである程度男女関係はうまくいきます。

ただし、お互い化かし合いのような感じになってはいけません。

あくまでも表面は大切にしている体を貫く必要があります。