読者の体験

出会い系サイトで知り合い、電話で誠実さを感じることが出来る男性なら会いたい

出会い系サイトで会いたいと思う人はどんな人?
出会い系で、付き合いたいと思う人を探す女性は、結構いると想像します。

実際に付き合って、結婚をするとなった人もいるほどです。

そしてその会いたいと思うのは、どんな人なのでしょうか?
そのことについて、感じたことをまとめてみました。

・電話で誠実さを感じることが出来る人

電話で話をしている時に、その誠実さを感じることが出来ると、安心感を持つことができます。

出会い系の場合は、一番安心感を持つことが出来るということが、何よりなのです。

それは、色々な事件をしっているだけに、女性としては、慎重になるところなのです。

電話で、誠実な人と感じることができなければ、会うことを決心できません。

・メールの内容で誠実さを感じる人

メールの場合は、話言葉と違って、案外と自然な感じで送ることが多いのです。

そんなとき、その内容が簡単で、誠実さを感じないと、会うとどんなに怖い人なんだろうと思って、会う事はありません。

・約束を守る人

メールや電話をしていて、約束をした事を守ってくれると、その人のよさを感じる事ができます。

・写真をみて好みと思った人

やっぱりこのことも大事です。

写真を見た時に、好みのタイプであると、会いたいと言う気持ちになります。

・話が合う人

話をしたり、メールをしたりしていて、話が合うと思うと、会って話してみたいという気持ちになります。

それは、その男性に対して、安心感を求めている場合もあるのです。

人として誰かと接触をしたいと思って、出会い系に求めることもあるので、その人と会って話をして、安心をしたい、気持ちを安定させたいと思っているところがあります。

異性として、出会い系を求めることもあり、人として話す相手が欲しいと、思うこともあるのです。

そのような女性の場合は、人として話相手が欲しいと思って、会いたいと思っているので、そのような安心感、信頼感を求めて、出会い系をしていると想像します。

異性の友達にキュンとして恋愛に発展するきっかけ

異性と友人関係になっている時、ふとした時に、この人好きかもと思ってしまう時があります。
そしてその時は、とっても不思議なのですが、本当に突然そのような気持ちになることがあるのです。
そんな時について、女性が男性の友人に対して、好きという気持ちを抱く瞬間について、まとめてみました。

・遊んでいて男性らしさを感じた時
一緒に遊んでいて、その人に男性らしさを感じた時、いきなり好きと思う時があります。
男女友人同士と言うのは、そのような感情を抱くことが少ないと思うのですが、やっぱり男女なので、そのようになることもあります。
その一つに、重たい荷物を持ってもらったリした時です。
しかもその相手の男性が、たくましい人ではなくて、ひ弱な感じの人が、いきなりたくましくなって、重たい荷物を持ってくれたりすると、胸がキュンとなってしまうことがあります。
か弱い感じなのに、こんな男性らしさがあるのだと思って、そのギャップに惹かれてしますのです。
そのようなことも、女性なら何度も体験をしていると思います。
また、その他のキュンとなることとして、ふと手が触れ合ったりする時です。
その時も、普段の時に、なんともないと思っている男性でも、ふとその手の暖かさを感じた時、異性として意識をしてしまう時があります。
それは、その時の女性の気持ちによることもあります。
恋愛をしたい、誰かを好きになりたいと思っている時、特にその人に対して、今まではなんともなかったのに、その時に瞬間で好きと思ってしまうことがあるのです。
そんなことがあるので、恋というのは、本当に不思議であると思ったリしています。

・真剣な顔をしているところを見た時
いつもふざけている友人が、真剣に取り組んでいる姿を見た時に、この人いいなと思うことがあります。
その場合は、いつも会っている友人なのに、ふとした時に、そのように思うことがあるのです。
それも、女性側の恋をしたいという気持ちを持っている人が感じやすいと言えます。

職場で女性を口説く上でのテクニック!尊敬されること!

※読者体験談

女性を口説くテクニックは場所や立場によって異なってくるものですが、今回は職場で女性を口説く上でのテクニックについて考えたいと思います。
まず、重要なキーワードになってくるのは”尊敬”です。社会人として男として尊敬される存在であるというのは、恋愛感情にもつながりやすいといえます。ここで言う”尊敬される存在”とは、特別高い役職や業績といったことに限定するものではありません。社会人として尊敬される振る舞いができているかどうかというところです。
わかりやすく自分に対して親切で、ともすれば甘やかしとも言えるような態度をとってくる男性には、恋愛感情はわきにくいもの。下手をすればなめられて終わりです。職場において、自分に対してわかりやすく好意がある男性というのは、大人として幼稚な印象は否めないでしょう。
女性の心をぐっとひきつけるためには、甘やかしではなく”さりげない”フォローや優しさを印象付けることが大切です。さりげなく振る舞える男性に対して、女性は知性を感じ取ります。知性は男性的な色気にもつながるものです。女性といつの間にか距離感を縮められている人というのも、こういうタイプに多いのです。では、そういう男性になるにはどうすれば良いのか?まずは全体としての調和を大切にすることです。相手の年齢や性別に関係なく、全体の調和や思いやりを重んじて行動することで、まず人としての信頼を得ることができます。女性を口説くためと考えると遠い道のりに思えるかもしれませんが…賢い女性ほど、自分以外の人に対する態度を見たうえで総合的に男性を判断しているものです。
知性的で周囲への思いやりを大切にする男性が、自分に対してはちょっと意外な情熱的な一面を見せてくれた…といったギャップを感じさせることができれば、その女性はますますあなたに興味を持つはずです。好きな人の心を掴むには、まずは社会人としての魅力を磨くこと。その女性が素敵な人であればあるほど、それは必要になってくる魅力なのです。

女子の悩みをよく聞き、心のケアをするとモテる

昔、僕のバイト先の社員さんで、言っちゃ悪いが不細工、なのに結構女の子にモテる人がいました。最初は新しく入ったバイトの子なんかに、あいつ顔キモい、なんて陰で言われてるんだけど、何ヶ月か経つとその子と付き合ってたり、また別の子を食っちゃってたりね。その人を見ていて学んだモテるコツを書いていってみようと思います。

まず、大事なのは女の子の話をよく聞いてること。その人女の子と話すときあんまり自分の話はしてなかったです。相づちがうまかったな。そして何日か経った後で、そういえばこの前のあの話、どうなったの?って聞いてあげると、あっこの人私の話覚えててくれたんだ!って女の子は嬉しくなるみたいです。
あと、どんなに仕事が忙しくてもイライラした顔は見せない。

そうするとバイトや新入社員の子なんかが話しかけやすいから、わからないことを聞いてくる。その時に、その人すごく丁寧に教えてるんですよね。大丈夫、焦らなくていいから、って言ってフォローしてあげて。そしたら女の子としては、この人優しいってなりますよね。あ、社員として仕事ができるのが大前提ですよ。その人はデキる人でした。

それから、女の子を褒めてるのをよく見たな。○○さんはよく頑張ってるよ!とか。頑張ってる女の子見るの好きって言ってましたしね。
こうして書いてってみると、あの社員さん人間的にいい人だったんだなって思いますね。上に書いたこと、女の子のバイトだけじゃなく僕とか男のバイトにも同じような感じで接してましたしね。まあ女の子に接するときの方がより丁寧でしたけど。やっぱり男と女で態度違う人なんて信用できないですよね。

ということで、女の子にモテるようになるには、まず自分が仕事がデキるように頑張ること、聞き上手になること、相手の良いところをいっぱい見つけて、言葉に出して言ってあげること、不機嫌な顔やイライラした顔をなるべく見せないこと、男女関係なく誰にでも親切に、を心がけて実践していくと良いと思います。ちなみにその社員さん、お姉さんと妹さんがいるそうで、普段から女性のいろんな面を見ていて女性に慣れてたのもあるかもしれませんね。

女性とのデートではオドオドせず自信を持つ!リードするのを心がける!

ここでは、男性が気になる女性とデートするときに注意すべきことを女性目線で紹介したいと思います。

まず、自信のある態度を心がけてください。自信がなさそうな男性は女性からしても不安になります。特に女性慣れしていない人はオドオドしてしまいがちですが、緊張しすぎずリラックスした態度でデートにのぞみましょう。「絶対にデートを成功させるぞ!」と意気込み過ぎるとかえってナーバスになるので、「まあうまくいけばいいかな」と気楽に構えてください。また、日頃から職場の女性や女友達と接するようにして女性に慣れておくことも大切です。

さらに、ある程度女性をリードすることも必要です。お店や行き先選びをすべて女性まかせにするのはあまり印象がよくありません。女性の希望を聞いたら「じゃあ○○はどう?」とあなたから提案するようにしましょう。肉食系女性が目立つ昨今ですが、何だかんだいって女性は男性にリードしてもらいたいものなのです。

当日の服装については、気合が入りすぎたものより「普段着よりちょっとだけオシャレ」程度で良いでしょう。とにかく清潔感があれば大丈夫です。また、足元にも手を抜かないようにしましょう。服装は小奇麗でも靴はボロボロ、なんてことにならないように。靴を脱ぐ機会があるかもしれないので、靴下にも気を抜かないようにしてくださいね。私の話になりますが、昔デートしたとき、男性が靴を脱いだら靴下がかなり汚かったのでギョッとしてしまったことがあります。デートには新品の靴下を履いていくことをおすすめします。

最後に、まずは自分自身がデートを楽しむことが大切です。反応が薄いと女性側も「この人私といて楽しくないのかな」と不安になってしまうので、楽しんでいることが伝わるように笑顔を心がけたり言葉に出したりしてみましょう。
いかがでしたか。デートに緊張はつきものですが、デートは最高に楽しいものでもあります。以上のことに気をつけて、ぜひあなたのデートを成功させてくださいね。

女性を口説くとき大切な清潔感と口臭対策

女性を口説くとき、男性はまず何を気にするかというと、声の掛け方や話す内容に注意が行きがちです。

でも、女性側からすると、それよりももっと重要なことがあります。それは、清潔感です。

イケメンだとか、背が高いだとかはあくまでもオプションです。まずは、この人と話しをしたいと思ってもらえるようにすることが大切です。

それには、清潔感が重要になってくるのです。女性は見ていないようで、男性の指や爪、顔をしっかり見ています。特に、手が汚い人に対しては嫌悪感を抱く女性は多く、気になる女性を口説く際は、爪の先まで念入りにチェックしてから臨むべき。

女性は、この相手と仲良くなったら、お付き合いをしたらと先のことを考えます。そのときに、爪が伸びていたり、手が汚れていると、男性が自分に触れたときに傷つけられたりしないかを想像します。爪は短く切り、清潔にしておく、たったそれだけでも女性に与える印象はぐっと良くなるはずです。私も、以前気になる人ができてデートに誘われた際、相手の男性の爪が長く伸び、爪の間がとても汚れていたことがありました。

話しも合うし、一緒にいて楽しい相手だったのですが、どうしても爪の印象が強く残ってしまい、交際を申し込まれましたがお断りしました。友人のなかにも、同じような経験をした子がいました。

やはり、相手の男性の不潔な一面を見てしまったようで、一気に恋心が冷めてしまったとのことです。男性は、見られていること意識して、爪のケアを心掛けていくと良いと思います。

また、口元や鼻のチェックもしっかりと行うことをお勧めします。

口臭は気にならないか、鼻毛は出ていないか、女性と会う前にはしっかりと身だしなみを整えておいた方が良いと思います。

身だしなみを整えることで、自分にも自信が持てると思うし、女性に対して積極的に話すことに繋がりますね。

結局は見た目と思うかもしれませんが、イケメンではなくても、清潔感のある男性はとても好かれます。
まずは、鏡を見て、細やかな自分のメンテナンスをしていくことが、女性をモノにする第一歩。

サシ飲みからホテルに誘うとセフレにしやすい

出会いの場所としてあげられるところで、お酒を扱う場所があります。
その場所での出会いも多く見られています。
そしてその出会いから付き合う人も多くいるのです。

お酒を飲んだ状態だとセックスしやすいのも事実。
それからセフレになることも多いですね。

・楽しい気分で出会うことができる
その出会いの場所は、お酒を飲んでいる楽しい所となっています。
そのため、その場所では楽しい気分となっていることが多いです。
そんな時に出会う人とも、楽しく会話をすることができます。
自分のテンションが下がっている時に、そのような気分になることはないのです。
そのため、楽しい気分の時に出会う場所は、とても大切にしたいものです。

・声をかけやすい
自分がお酒を飲んでいたりすることで、気分が高揚しているのです。
そのため、ある程度こんなことをしてはいけないという、女性から男性に声を掛けることはいけないことという気分を少なくすることができます。
そのため、女性の場合は自分の好みのタイプの人が居酒屋などにいたら、自分から声を掛けることもあります。
また男性の場合も同じことが言えるのです。
気分が良くなっているし、理性もすこしやんわりとなっているので、そのように行動しやすくなります。

・お酒の中で場を和ませることができる
普通のレストランなどの場合は、声をかけたとしても、何この人と思う人もいるかもしれないのです。
その点、お酒のある場所では、そのような気持ちもある程度、少なくなっているので、もしも声をかけて失敗に終わっても、そんなに落ち込むことはありません。
また、お酒を飲んでいるので、通常の状況よりも気分がおおらかになっている分、その場が盛り上がるのです。
そのような気分になっているときには、人を好きになったり、付き合いたいという気分になることが多いと言えます。

お酒のある場所では、人はおおらかな気分になっています。
そのため、出会いの場所としても、よく利用されることが多いです。
気分良くなっている時は、人を好きになる確率も多く、そのことを思うと、積極的に利用したいものです。

日本の女性はとくに安らぎをパートナーに求めているようなイメージ

※32歳男性読者からのご意見。

 まず女性を口説きたいと思ったら下手にでることが鉄則です。自分のことを自慢したり、相手に命令するような言い方をしてしまうと女性にすぐに壁を作られてしまうので相手と仲良くなることは不可能になります。

 大切なことは相手の話をよく聞いてあげることです。自分には興味のない話題でもあれこれ聞いているうちに女性の方から次第に心を開いてきてくれるのでそうなればあとは自然にことが運んでいきます。

 もちろん、はじめの時点で相手との距離がありすぎたり、会話にならないような相手の場合は素直にあきらめるのが賢明です。全く相手にされない女性を口説くにはそれなりに覚悟が必要ですが、相手も人間なのでアタックしていればそのうちに落とせる確立もなくはありませんが、あまりそれがしつこくなったり、また逆に苦労しすぎるとかえってその後すぐに別れてしまう原因にもなりますので注意が必要です。

 友達になれそうだなぁと思ったら、素直にこちらから歩み寄るのが賢明です。それで誰とでも仲良くなれるとは限りませんが、大抵気の合う女性でしたら、相手も同じことを考えているのでそこで無理なら何か特別な理由があるとでも考えておいたほうがいいかもしれません。
 そして相手がこちらに気があると察知したら、あとはプッシュをかけるだけです。何回も何回もこちらからモーションをかけていくうちに自然とお互いのなりたいようになっていくので、あとは流れに身を任せていればオッケーです。

 とはいえ、自身においても人生のなかでそんな風にことが運んだのは生まれて1度きりで、しかも相手はラテン系のハーフの女性でしたので少し奥手のやまとなでしことは違い、情熱的な魅力がありました。

 私はあまり恋愛経験が豊富ではありませんが、日本の女性はとくに安らぎをパートナーに求めているようなイメージがありますので行動するときは行動し、安らぐときは相手を癒すことのできるようなメリハリを持った付き合いかたをすると長く続く秘訣になるのかもしれませんね。
 3ヵ月以上女性と関係が持ったことのある私がこんなことを言っても説得力がありませんが。

モテない男でもモテ期は訪れる?

※男性読者からの投稿。

モテ期はあるのか?と聞かれたら、個人的には「ある!」と答えます。
私としては過去に3回モテ期があったと実感しています。

1回目は高校生の時。この時は2人の女の子から告白されました。「たった2人?」と思われるかもしれませんが、それまでモテた事の無かった私的には大事件だったのです。

2回目は大学時代。この時は4人の女性とお付き合いしました。最初に年上の先輩と付き合って、それからすぐに同じサークルの子といい感じになって・・・と、まさに彼女がいなかった時期がないくらいの充実っぷりでした。

3回目は就職して3年目くらいの頃。後輩の女性と仲良くなっていい感じになったのですが、その他にも3人の後輩から食事に誘われたり一緒に出かけたりとかなりのリア充っぷりを発揮していたと思います。

そんな経験があるので、「モテ期はある!」と断言してしまうのです。

さて、ただ「モテ期はある!」と言っているだけではつまらないので、何がモテ期につながったのか自分なりに考えてみたいと思います。

私の場合、特に女性にモテた時期は「別に彼女なんていらないかな?」と思っていた頃に集中していたと思います。女性に対して下心が無かったのが良かったのでしょうか?付き合った相手以外でも女性の友達がかなり多かったと思います。

ちなみに中学時代までは女性の友達は全然いませんでした。超絶モテませんでした。
それが「別にいいか?」と開き直ってからの方が女性が寄ってくるというか、こちらも変な下心が無いので自然に女性と接する事ができたというか、そんな感じで結果的にモテ期のような状態になったのかもしれません。

あとは「自分の中に筋を通している所があった」点でしょうか?
なんというか「曲った事は嫌い」というか「馬鹿正直」というか、そういう自分を貫いていた時期でもあったと思います。学生時代も社会人になっても、なんとなく自分の中で一本筋を通していないと気が済まない時期というのがありまして、それがもしかしたら女性には魅力的に見えたのかもしれませんね。

そんな訳で「モテ期はある!」と私は思います。
いつか皆さんにもモテ期が来ますように。

話をよく聞いてくれる、動作が優しい、笑顔が素敵な男性を好きになりやすい

※女性読者のご意見。

好きになった男性に関して、その人を好きになる瞬間があります。
その瞬間について、私の場合はどうだったのかお話します。

・話をよく聞いてくれるひと
私が好きになった人の一人に、私の話をよく聞いてくれるという人がいました。
その人は同じ職場の人で、私の仕事に関する愚痴などについて、笑って聞いてくれる人だったのです。
愚痴をいう私としても愚痴なので、聞いてもらうだけで良かったと後から思えば感じています。
そのため、その男性に聞いてもらうことができたことは、本当に私の心の中をスッキリとさせることが出来たのです。
その後、ふとした時に、そのん人が別の部署に移動になったことがありました。
その時、とても切ない気持ちになったのです。
そうです。その時に、その人のことを好きになっていると感じた瞬間でした。

・動作が優しい人
その人は、大学の時に、同じサークルの仲間として知り合った人でした。
運動関係だったので、かなりみんながが、さつな人が多かったのです。
そんな中、その人だけは、動作が優しいと思える感じでした。
動作が優しいというのは、変なのですが、がさつではないということです。
とても丁寧に、色々なことに対して処理をすることができるのです。
そんな彼を見ていると、そのサークルの中で、一人だけとても大人であるような感じで見ることができました。
その後は、その人がほかの人と付き合っていることを知って、とても悲しい気持ちになった時、好きになっていたんだなと思ったのです。

・笑顔が素敵な人
その人は、職場で一緒の人でした。
いつも笑顔で仕事をしていたので、辛いことはないのかな、仕事が楽しいのかなと思っていたのです。
後輩だったので、先輩として見ていたところもあります。
そんな時、笑顔でいることについて、その後輩に聞いたことがありました。
すると、自分を奮い立たせるために、そのように笑顔にしていると聞いた時、ドッキリしました。
なんだかしっかりと考えて、行動していると思ったからです。