LINEで口説くときは簡単簡潔に!絵文字の量は少しだけ、どうでもいい近況報告はしない

女性を口説くためには様々なハウツーがありますが、ここではLINEなどのSNSを使った連絡の注意事項をお話しします。

口説き方というよりは、「こういう連絡・返信はやめよう!」というものです。

連絡・返信は簡潔に!

相手にもよりますが、長ったらしい連絡・返信は嫌がられる可能性が高いです。

例えば、「いつ空いてる?」という場合にも、「いつ時間あるの~?」とやたら長ったらしい印象を与える文章はやめましょう。

女性は男性には「頭が良い人であって欲しい」と思っていることが多いです。

簡潔な連絡・返信はその人を知的に見せかけ、「~」や余分な形容詞・副詞などの多用はその点がちょっと残念に見えます。

絵文字は少しだけ使おう!

女子に連絡するのだから!と張り切って絵文字を使いすぎてはいけません。

絵文字が多すぎると「女子か!」と突っ込みを入れたくなります。

絵文字の多用は女の子の特権!と思っている人も多いものです。

まったく絵文字がないものは寂しいですので、絵文字は文末に少しだけ使う程度に留めましょう。

どうでもいい近況報告はしない!

相手が自分に興味を持っているか分からない場合、自分から近況報告をするのはやめましょう。

気のない相手から「今帰宅途中」などと連絡をもらっても迷惑です。

反応に困ります。

相手が好きな人だったり恋人だったりしたら何とも思わない連絡ですが、好きでもない人が今何をしているかということをいちいち報告されてもどうしようもないし、むしろ「気持ち悪っ」と思ってしまう女性も多いでしょう。

早朝や深夜の連絡はしない

好きな人に連絡をするのなら尚更、早朝や深夜は避けましょう。

相手が学業や仕事で忙しかったり、疲れていたりする場合、深夜の連絡はむしろ悪印象を与えてしまいかねません。

そして早朝も同様です。

連絡をするならば、常識的な時間を心掛けましょう。

中にはケータイの連絡に関して時間を気にしない人もいますが、相手に自分のことを好きになってもらいたい!という欲があるならば、悪印象を与えかねない行動は慎むべきです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*