職場で女性を口説く上でのテクニック!尊敬されること!

※読者体験談

女性を口説くテクニックは場所や立場によって異なってくるものですが、今回は職場で女性を口説く上でのテクニックについて考えたいと思います。
まず、重要なキーワードになってくるのは”尊敬”です。社会人として男として尊敬される存在であるというのは、恋愛感情にもつながりやすいといえます。ここで言う”尊敬される存在”とは、特別高い役職や業績といったことに限定するものではありません。社会人として尊敬される振る舞いができているかどうかというところです。
わかりやすく自分に対して親切で、ともすれば甘やかしとも言えるような態度をとってくる男性には、恋愛感情はわきにくいもの。下手をすればなめられて終わりです。職場において、自分に対してわかりやすく好意がある男性というのは、大人として幼稚な印象は否めないでしょう。
女性の心をぐっとひきつけるためには、甘やかしではなく”さりげない”フォローや優しさを印象付けることが大切です。さりげなく振る舞える男性に対して、女性は知性を感じ取ります。知性は男性的な色気にもつながるものです。女性といつの間にか距離感を縮められている人というのも、こういうタイプに多いのです。では、そういう男性になるにはどうすれば良いのか?まずは全体としての調和を大切にすることです。相手の年齢や性別に関係なく、全体の調和や思いやりを重んじて行動することで、まず人としての信頼を得ることができます。女性を口説くためと考えると遠い道のりに思えるかもしれませんが…賢い女性ほど、自分以外の人に対する態度を見たうえで総合的に男性を判断しているものです。
知性的で周囲への思いやりを大切にする男性が、自分に対してはちょっと意外な情熱的な一面を見せてくれた…といったギャップを感じさせることができれば、その女性はますますあなたに興味を持つはずです。好きな人の心を掴むには、まずは社会人としての魅力を磨くこと。その女性が素敵な人であればあるほど、それは必要になってくる魅力なのです。

SNSでもご購読できます。